製品紹介

Alphatite Implant[アルファタイトインプラント]

医療承認番号:21500bzz00315000(滅菌済)

ネオボーンは日本で初めて「骨再生の補助」の効能効果があると認められた、3次元連通気孔構造を有するハイドロキシアパタイト製骨補填材です。その独自の気孔構造による骨再生能力で、整形外科領域では広く使用されてきましたが、今回、新たに歯科領域での使用も認められました。

三次元連通気孔構造により、新生骨の形成を促進。

表面顕微鏡写真(倍率35倍)

ネオボーンは、生体骨組織の主成分であり、広く生体材料として使用実績のあるハイドロキシアパタイト製骨補填材です。独自の成形技術である「起泡ゲル化技術」の応用により、多数の気孔同士が気孔間連通部によって互いにつながっている、独自の多孔体構造を有しています。

この多孔体構造により、埋入後、ネオボーン深部にまで生体組織が速やかに侵入し、新生骨の形成を促進します。また、気孔率72%以上78%以下という高気孔率にもかかわらず、圧縮強さ(代表値)が12〜180Mpaと、手術時に容易なハンドリングを提供する初期強度も兼ね備えています。

生体親和性が高く、良好な骨伝導能により、優れた内部骨形成を実現し、骨再生を強力にサポートします。これにより、骨補填材の粘膜からの排出や、それに伴う炎症症状などは起こりにくく、極めて有用性の高い骨補填材です。

独自の気孔構造により骨の再生を効果的に補助

ネオボーンは直径150μm前後の多数の気孔同士が、直径平均40μmの大きな気孔間連通部により 骨補填材全域にわたってつながった3次元連通気孔構造を有しています。この独自の気孔構造により骨の再生を効果的に補助します。

三次元連通気孔構造模式図

多孔体全域にわたり気孔が連通

ネオボーン製品一覧

ネオボーン パッケージ

顆粒品

ネオボーン顆粒品
1-0.5mm
1g
品番DK03-001

球形タイプ顆粒品

ネネオボーン球形タイプ顆粒品
2-1mm
1g
品番DK12-001

製品企画・開発メーカー

本製品は株式会社エム・エム・ティが企画・開発した製品です。本製品はケンテック株式会社でお取扱いしております。

株式会社エム・エム・ティ