製品紹介

インプラントシミュレーション・ガイデッドサージェリー

3Dによる診断を正確に口腔内で再現

インプラントシミュレーション

インプラントは、基本的に術前の設計通りに埋入しなければなりません。なぜなら外科的な意味での安全性を確保するためです。たとえば下顎管を避けることは絶対条件ですし、上顎洞に注意を払うことも必須です。その為にも正確な骨の情報が必要です。

CTの普及は、これまで2次元の骨の情報から診断していたインプラントの選択を大きく変えました。CTによる顎骨の3D画像はこれまでのX線写真から診断していたインプラントの太さ長さに加え、位置、方向、深さの要素が加わりました。

上顎洞挙上術におけるインプラントシミュレーション

加えて、CTのデータをSIMPLANT®のようなインプラントシミュレーションソフト上で展開することで、骨と歯肉の情報を加味した補綴主導のインプラント位置決めが可能になりました。これまで模型上で行われていた補綴主導の埋入位置決めが大きく変わったことになります。

インプラントシミュレーションソフトはCTをお持ちでない先生でも、他施設でCT撮影を行って頂くことで3Dによる診断が可能です。またSLTデータ化により鮮明な画像で、シミュレーションを行えること、さらにガイデッドサージェリーによるインプラント埋入が行えるメリットがあります。

ガイデッドサージェリーとは3Dによる診断を正確に口腔内で再現させるサージカルガイドを使用した埋入術式です。

安全性を高める術前判断

補綴主導のインプラント埋入位置決めは、頬側骨の吸収や抜歯窩治癒の形態によって、サージカルガイドのスリーブの真下に思ったような骨がない場合が多く、なかなか難しいのが現状です。ただし、シミュレーションソフトによる設計は、出来るだけ既存骨への埋入を意識し、合成された歯肉の情報、そして隣在歯の情報からアバットメントの選択や大まかな補綴物形態の術前での判断を可能にしました。

1ピースクラウンが適応する症例かどうかもシミュレーションの段階で判断が可能であり、GBRの必要性の判断も行えます。これらの術前での判断がインプラントシミュレーションの最大のメリットです。

インプラント周囲炎を防止するための骨縁下深め埋入

MJガイドシステムドリリングイメージ

実際、SIMPLANT®上でシミュレーションを行うと、補綴主導のインプラント位置決めでも結構自由度があることが解ります。ただし埋入位置と方向は大きく動かすことができません。そこで骨に完全埋入するためには深さ方向を動かすことになります。つまりフィクスチャーは骨縁下深く埋入され、比較的短いものが選択されることになります。

アルファタイトインプラントはマイクロムーブメントがほとんどないことから、骨縁下埋入に適したインプラントです。また、ガイデッドサージェリー用のMJガイドシステムがあります。安全性が高く骨火傷の問題を解決したツールセットです。

MJガイドシステムについての詳細

インプラントシミュレーションソフトに関しては下記までお問合せください。

SIMPLANT