製品紹介

1ピースクラウン

フィクステャーに垂直咬合圧の負荷がかかるように設計

垂直咬合圧

アルファタイトインプラントは、患者様に出来るだけ長く使って頂くために開発されました。そのための大きな特徴がアバットメントとフィクスチャーの間でほとんど動かない(マイクロムーブメントセオリー0)のDM嵌合です。このDM嵌合が1ピースクラワンを実現しました。

一般的に、インプラントの補綴で長持ちする形態とはどのようなものでしょうか。症例としては、アバットメント歯肉貫通部のまわりが角化歯肉であり、歯肉が厚く、またインプラントの周りの骨も豊かなことです。

また、インプラント(形態、材料)の点からは、アバットメント級合部のマイクロムープメントが小さく(アルファタイトインプラントの特徴)、歯肉質通部のアバットメント直径がある程度細くレスカウントアで立ち上がること、さらに材料はチタンかジルコニアが望ましいと思います。

補綴物としては、定期点検を考えて術者可撤式であること、また可能な限り連結であることが嵌合圧の分散という点から考えて有利です。

アクセスホール

ただし、最近では大臼歯部単組嫡綴の症例も増えてきており、その背景には補綴主導でのインプラント埋入が増えたことと、アバットメントとの嵌合強度が高くなったこと、そして骨埋入部の表面処理により、骨との結合強度が上がったことが要因として挙げられます。

補綴主導のインプラント補綴とは、クラウンの咬合面にアクセスホールを設け、出来るだけフィクステャーに垂直咬合圧の負荷がかかるように設計することです。

この補綴主導のインプラント埋入を確実に行う為、ガイデッドサージェリーがあります。インプラント埋入シミュレーションの段階で大まかな補綴形態を考え、その真下にインプラントを配置し、その位置に埋入するためのサージカルガイドが作られることになります。

術者可撤式

チタンベースとクラウン

1ピースクラウンとは、ガイデッドサージェリーにより埋入されたインプラントにおいて、アクセスホールが咬合面に来るよう設計されたクラウンをラボサイドでチタンペース(アバットメント)に合着した最終補綴物です。

チタンペースは歯肉貫通部の長さにある程度のバリエーションを持ち、クラウンの材質は弾性を持つラヴァアルティメットか、歯肉との親和性が良いジルコニアが選択可能となります。また、ラボサイドで補綴物のセメンティングが行われますので、歯肉縁下でのセメント余剰の問題がありません。さらに嵌合強度の高いアルファタイトインプラントでも、リムーバーシステムをチタンペースに付与することで、比較的簡単に取り外しが可能です。

低コストで最適な材料を選択可能

ジルコニアカスタムアバットメント

ラヴァアルティメットは対衝撃性に優れ、瞬間的な衝撃や咬合力を吸収しますので、歯根膜のないインプラントにとっては現在最適な材料です。また、ジルコニアは強度が高く、チッピングが起きず、歯肉との親和性に優れています。

リーズナブルな価格で提供可能な1ピースクラウンは、サージカルガイドを作成してもさほどトータルコストに影響しないというメリットがあります。

1ピースクラウンに関しては下記までお問合せください。

株式会社杏友会