一般の皆様・患者様

歯科用インプラント

歯の抜けたところにインプラントを埋め込み、人工の歯を被せます。

治療の流れとしてはまず、レントゲンなどによる十分な診断を行いインプラント治療に関する説明を受けます。

診断と治療計画をもとにインプラント手術を行います。麻酔を行い、顎の骨にチタン製のインプラントを埋め込みます。

そして、インプラントと骨がしっかり結合するまで2〜6ヶ月待ちます。治癒期間は一般には、上の顎の骨に埋めた場合の方が結合までに時間がかかります。、また、骨の質などにより個人差があります。

最後にインプラントに歯の土台となるパーツを取り付け、人工の歯を作り取り付けます。インプラントの種類によっては、局所麻酔を行い簡単な手術が必要です。

インプラントを長持ちさせるために大切なこと

インプラントの周囲が不潔になると、腫れや膿が出て、骨の吸収が起こりインプラントが抜ける可能性があります。ただし、早めの対処で止めることが出来ます。天然歯と同様に、毎日の歯みがきは欠かさないで下さい。

歯医者さんで定期健診を行ってください。インプラントには神経が無いため、天然歯のように悪くなっても自覚症状がありません。自覚症状が出たときには手遅れになります。少しでも気になるところがあったら、早めの検診をお勧めします。

インプラントの治療後、歯を抜いたり、歯がグラグラしたまま放置するとかみ合わせのバランスが崩れ、インプラントや残った歯に悪影響が出る可能性があります。かみ合わせが変わったら、歯医者さんで指示を受けましょう。

歯科用インプラント関連製品